制作会社のディレクター

テレビ局のディレクターが、直接番組枠の企画に携わるのに対し、できあがった番組を制作するの下請け的な役割を果たすのが制作会社です。

もちろん、制作会社の手を借りずに番組を作ることもありますが、大きな局になればほとんどの番組に制作会社の力は必要になってきます。

実際、番組制作となると局のディレクターと内容は変わらないのですが、制作会社となるとそれだけが仕事ではない場合も多いです。

テレビ局の番組を制作するほかに、プロモーションビデオを制作したり、舞台やイベントなどの映像記録の仕事を請け負ったり、最近ではインターネットの動画サイトを運営しているところもあります。

とにかく、民間企業としてのお金を稼がなければならないので、そのための別な企画力・営業力・時にはカメラマンとしても動けないといけないので技術力も必要になります。機材も扱えなければなりません。

私も広告制作会社にいたことがあり動画部門を担当していましたが、会社の経営状態によって動画部門は縮小、営業に回されたりしたこともありました。

ただ、テレビ以外の動画の活躍の場面というのは、思った以上にあるものです。商店街のモニターにも映像制作権があります。ホームページに動画のアイコンをつけるところも増えています。

テレビ局との安定的な関係を築いていて、それだけで充分成り立っている会社はともかく、制作という技術をいかにお金に変えるかというのも制作会社のディレクターの仕事になってきます。

サポート企業