放送局のディレクター

放送局のディレクターになるには、入局試験を受けなければなりません。

新卒者対象の入社試験を受けるのが通常ですが、中途採用や局と信頼関係を保ってきた外部ディレクターがそのまま局入社にということもあるようです。

いずれにせよ、放送局のディレクターになると、とにかく番組を作ることが仕事。既存の番組を継続することに追われる毎日ですが、特番や新番組の企画もしなければなりません。

既存の番組枠があって、その番組の主旨に合った内容を提案する。その他に時代の流れに合わせた話題を番組にしたり、スポンサーからの要請でつくる番組もあります。

ディレクターの中にも、アシスタントディレクター(AD)、ディレクター、チーフディレクター(CP)など階級があって、その上にデスク、プロデューサー、ゼネラルプロデューサーなどがあります。

その局によって役職の違いはありますが、局のディレクターは組織の人間なので、年数や経験・能力に応じて階級が上がっていきます。

上に行けばいくほど現場に携われなくなり、作った番組をチェックしたり修正したりすることが仕事になるので(ハンコを押すだけの仕事になることも)、偉くなってもディレクターとして現場に関わりたいと思っている人も多いようです。

ただ、プロデューサーになるとそれも1つの素質。

ディレクターがつくったものや提案してきたものを、生かすも殺すもプロデューサー次第。ディレクターの意思を大切にしながら、方針を示すという腕のいいプロデューサーはやはり信頼の度合いが違います。

一方で、ワンマンのプロデューサーも世の中には結構いるようで、自分の好き嫌いでネタや番組内容・出演者まで決めてしまう。周りがその人のご機嫌を伺いながら仕事をしているという環境も、少なからずあります。

テレビ業界は不思議なことに、なぜか階級社会の古い体質があるのは否めません。その人間関係をうまく自分でコントロールしていくというのもディレクターの必要な素質なのかもしれません。

それから、放送局や番組によって求められるものが違ってきたりもします。NHKと民放では番組にかける時間も人員もお金も違うので、時間をかけない民放のやり方がNHKでは通用しなかったり。

逆にNHKのように時間をかけすぎていたら民放ではやっていけなかったり、はたまた情報番組と報道番組・ドキュメンタリー・ドラマなど、それぞれに番組の性格によってもハマり役というのは変わってきます。

基本は共通するところはあっても自分の適材適所に行けるかどうか?または、自分がその環境に適した人材になることができるかどうか?力を発揮できる環境かどうか?という部分は大きいかもしれません。

サポート企業