私のテレビディレクターとしての歩み

『テレビディレクターになるには、放送局にディレクターとして就職をして・・・』と思うのが普通でしょう。ですが、現在活躍しているテレビディレクターは、実は<そうではない人>が多いというのが私の実感です。

私は、元を辿れば出演者でした。

テレビ局でアナウンサーの仕事をしていたのですが、いつのまにか作り手に転身。現在は某放送局を退社後、フリーでテレビディレクターの仕事をさせてもらっています。

実際のところ、フリーランスで直接局に雇われて番組契約をするというパターンもありましたが、それはごく稀なことです。

大抵は、テレビ局と信頼関係にある制作会社が既にあって(もしくはテレビ局の子会社が制作会社化している)、そこに雇われることがほとんどです。テレビ局とつながりのある制作会社(プロダクション)の役割は大きいです。

私の周りでも、実際番組を作っているというのは、制作会社のディレクターが多いです。もちろん局のディレクターもいますが、それだけでは賄えない現状にあります。したがって、局のディレクターは大型番組の制作につきっきりとなり、情報番組や短いリポート番組などは、外注するという方針にあるようです。

このように一口にテレビディレクターといっても、さまざまな仕事形態があり、環境の違いもありますが、私の知る限りのテレビディレクターという仕事について、まとめてみたいと思います。

サポート企業

亀頭包皮炎

口唇ヘルペス 市販薬

バイアグラ 通販

クロミッド

レスベラトロール サプリメント

カフェコロン

ケアプロスト

メガリス

排卵検査薬